職場から

 今日も今日とて出勤して、職場にいるわけですが。

 この三日間の実働時間は1時間未満だけど、とりあえずその場には居なきゃいけないタイプの仕事である。拘束時間は9時から15時くらい。まあ、これ以上言うと何の職種かバレそうだ(いや、とっくに皆さんお察しなのかもしれない)。

 ともかく一人で居られる部屋にこもって、ときどき仕事の現場に顔を出す感じでやっている。その最中にこうして記事を書いているのだ。

 

  ※

 

 休日に6時間拘束されるとしたら、一般的にどれくらいの報酬があって然るべきだろう? 1時間1000円で6000円くらいだろうか。あるいは休日出勤という点を踏まえてもっと割り増しで、9000円ぐらい?

 実のところ、私が休日出勤して受け取れる報酬はわずか3000円である。これは私がまだ若いから、とかではない。年配の同僚も3000円しか貰わない。

 一方で、拘束時間は長いけども、こうしてブログなど書いてコーヒーも飲めちゃうような軽い労働であるという点も、考慮されなければならないだろう。いずれにしても睡眠時間やプライベートを削って、意に反する形で休日に出勤しているのだ。せめて5000円ぐらい貰わなければとてもモチベーションは上がらない。

 

  ※

 

 最近ハマっている料理の話でもしよう。

 業務用スーパーが近所にある。そこで冷凍の豚バラブロックを買い込んで、しょっちゅう煮豚にしている。

 大量のお湯と少しの酒(白ワインでやることが多いが、芋焼酎がうまくなるらしい)で、冷凍の塊肉を40分かけて煮込む。この時点ではまだ味がついていない。40分ほどしたら、ジップロックの中に醤油・砂糖・みりん・生姜を適当にまぜたつけダレの中に煮豚を熱いまま入れて、あとは一晩冷蔵庫で寝かせる。

 価格と作業時間に対して、料理のクオリティや得られる幸福度が非常にコスパが良いのだ。薄切りにしてごはんやラーメンの上にのせたり、小さな賽の目に切ってチャーハンに入れるのが至福である。また、このつけダレは豚の旨味が滲み出ていて、チャーハンを作るときの味付けや、引き続きつけダレとして煮卵づくりに利用すると、ちょっと並みの旨さではない。

 で、例の業務用スーパーでは、冷凍の中華麺も売っている。それを大量の湯で溶かして湯切りし、醤油・オイスターソース・ごま油をそれぞれ大さじ1弱のタレに絡めると、簡易な油そばのようなものができる。それに酢やすりごま、油と相性のいい緑黄色野菜、ネギ、そして上の煮豚などを適当な分量で混ぜれば、これまた至福である。ちょっとカロリーと塩分が高すぎる気もするが、ジャンクさが大事なのだ、油そばだから。

 

  ※

 

 また少し仕事の現場に顔を出しに行きます。