読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

引っ越しに向けて

平日 雑感

 三月の末で現在の住まいを離れ、地元(東北の片田舎)に帰ることになっている。職業上の都合だ。とりあえず来年度は地元で一年間働いて、再来年度はまた、首都圏に戻るつもりでいる。せっかくお金をかけて研修などしてもらうのに、一年で離れるのは申し訳ない気持ちもするが、私には私の都合がある。私の人生なのだから、他人の期待に沿うように生きるのはちょっと意味がない。

 その見通しについて職場の同僚に話したら、「自由すぎるね」と言われた。嫌味で言ったのではないと思う。実際のところ、私の職種でそんなに点々としすぎる人は多くないし、採用の倍率も低くない職業だから、ちょっと珍しいタイプだと思う。そんな生き方を、「芸術系の人だからなあ...」と首を傾げられるのも、もう慣れた。

 

  ※

 

 それで、引っ越しのできる時期がおよそ決まったので、業者を選んでいたのだった。ネットでまとめて見積もりの出せるところに家財道具の量やサイズを入力し、見積もり依頼を出したところ、非常にめんどくさいことが起こった。

 10社ほどの業者から、営業メールが届くようになったのだ。そもそも私がお願いしたのは「見積もり依頼」だったはずなのに、文面にはその金額が全然書かれていない。なんのために家財道具のことを入力させられたのか。

 いずれの会社のメールも、要は「まずは電話で問い合わせてくれ」という内容だった。役に立たないどころか、個人情報だけばら撒かれたようで、嫌な気分になった。あ、一社だけ、その後に金額を出してきたが、それもとても納得いくような価格ではなかった。

 さらに、その一括で見積もりを出したサイトの方から、電話がかかってきた。

「お引っ越しの業者は決まりましたか?」

「いえ、まだ決めかねています(全然役に立たなかった)」

「そうでしたか、ちなみにお引っ越し先でインターネットのご開通の予定はありますか?」

「具体的には考えていませんが、そのつもりです(引っ越しの話ではないのか)」

「弊社からご契約いただくと、2ヶ月分の料金がサービスになる仕組みがありまして」

「すみません、今後いくつかの会社を比較して検討したいと考えていますので、結構です」

「現在お使いの会社が〇〇〇でしたらさらにお得になるご案内だったのですが、いまはどちらの会社...」

引っ越し業社のキュレーションサイトに見せかけて、インターネット回線の営業先を収集している会社だったのだ。なんというか、世の中にはこすい商売もあったものだな、と話を聞きながらうんざりしていた。

「すみませんが、いくつかの会社を比較して検討したいと考えていますので、結構です」

と改めて伝えると、電話口の向こうで明らかに不機嫌になった様子が伺えた。彼女は悪くない。アルバイトか何かなのだろうから。

 

  ※

 

 引っ越し業社から来るメールを迷惑メールフォルダに振り分けて、それから赤帽のサイトにアクセスし、やや大きめの車を保有する事業者に片っ端から電話をした。既に日取りが埋まっている、距離が遠すぎて遠慮したい、などなど、いくつかの業者に断られた。それは仕方ない。

 何軒目かで、かなり格安で引き受けてくれる事業者が見つかった。例のサイトで18万円と言われた引っ越し代金だったが、その事業者は7万円台後半との見積もりを出してきた。全然違うじゃないか。まったくバカバカしくなるぐらい違う。その運転手の人には、地元で美味しいラーメンでもおごってあげたい。チャーシューでもなんでも遠慮せずトッピングしていいよ。

 

  ※

 

 ダンボールに、今の季節は着ない夏物の服を詰めてみた。DVDや書籍の一部も詰めてみた。部屋の一角にダンボールの匿名的な茶色い空間ができた。できる限りモノは処分していこう。一年後にまた大移動があるのだから。身軽になりたい。