読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017/01/16

 自己実現至上主義社会をやめませんか?

 テレビCMや電車内の広告で、若い女性が決意に満ちたような表情をしているのをよくみる。キャッチコピー言葉はいろいろだが、共通するのは「がんばる自分」像だ。「がんばる自分」が目指すのは、大学、企業だったり英会話ができる自分、痩せている自分、コミュニケーションが得意な自分...目標それ自体は素晴らしい。否定しない。夢があるなら大いに努力すべきだ。しかし、それらの自己実現の目標は、他人から責付かれた目標ではないか? と思うことがある。

 

  ※

 

 わたしがほしいもの、なりたい自分を本当に考えてみた。

・長すぎない労働時間/適切な賃金

・ほどよい住環境

・好きな人(恋人、配偶者だけじゃなく、仲の良い友人等も含む)との交流

・週に一度程度の美味しい食事

 なんというか、焦りたくないのだ。

 自分の人生を他人の人生と比較して、優越感に浸ったり劣等感に苛まれたりしたくない。努力したくない、というわけではない。自分の人生を他人に品定めされるのが耐えられないし、身の回りの人にも、そんなことしたくない。うーん。

 前に何かの記事で書いたけど、誰しも望まないマウンティングに巻き込まれることがあると思うんです。容姿だったり、資本だったり、趣味が高尚だとか低俗だとか、思想の正当性とか。

 もちろん色々なことをできる/知ってる方がいいことだとは思うけど、できる/知ってることをもって、他者を踏み台にして自分を満足させる人が、なんとなく多いように感じる。し、少なからぬ数の広告や雑誌が、それを助長してるとも思う。

 

  ※

 

 女性の脱毛関係の広告はそれが特に顕著。「脱毛して当然」とか「まだ脱毛始めてないの?」みたいな文言が目につく。男性誌で目にする言葉だと「ワンランク上の~」とか。腕時計とか車のグレードの話。「他人に勝るためにはこれ買ってください」「これをしないと他人に劣りますよ」という煽り方の広告が、ちょっと頭の片隅に残って不快になる。何様なんだよ、と。 他人の人生を値踏みするようなタイプの広告出す会社ですか〜みたいな。いや、そんなに怒ってないんだけど、引っかかる。

 

  ※

 

 ちょっと話が逸れたけど、結局言いたいことは、「本来的な意味での自己実現を経済的な尺度にすり替えられてませんか? そんな自己実現ならやめませんか?」ってことだと思います。

 商品の価値を売るんじゃなくて、捏造された自己実現のイメージで売り出すのが気にかかる。うーん、「がんばる私」像。みんな本当に「がんばる私」になりたいのかなあ。